Apple Watchで「血中酸素ウェルネス」を自動で計測する設定をしよう

こんにちは!Hachiカスタマーサポートの北田です。

Apple Watch S6・S7で取得できる「血中酸素ウェルネス」、いわゆる「SpO2」「血中酸素飽和度」と呼ばれているバイタルデータを自動で定期的に計測するための設定方法についてご紹介いたします(^^)/

「SpO2」「血中酸素飽和度」とは?

血中酸素とは、ヘモグロビンに含まれる酸素量を示します。

Apple Watchで計測できる[血中酸素ウェルネス]の大多数の人の数値は95~100%になりますが、93%を下回ると低いとされています。(※ 中にはそれ以下の数値で普通に生活している方もいるようです。日々計測し、自分の平均値を把握することが大切です。)

は、設定方法です!

設定方法

「Watch」アプリ→「血中酸素ウェルネス」→「睡眠モード」「シアターモード」を両方OFFにします。

これだけです・・・!

「ヘルスケア」アプリの「取り込まれた酸素のレベル」を確認すると、不定期で自動記録されていることを確認できます。

※ 右の画面は画面下部にある「すべてのデータを表示」で確認できます。

Apple Watch S6・S7をご利用中の方はぜひ設定してみてくださいね!✨

▼Apple公式サイトの「血中酸素ウェルネス」説明ページはこちら
https://support.apple.com/ja-jp/HT211851

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

logo_1

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

Yui Kitada

AP TECH株式会社 ソフトウェア開発事業部
アプリ開発担当