見守りサービスを選ぶ時に意外と大切な設定方法のチェック

高齢の家族や子どもを見守りたい時に使える見守りサービス。選ぶ際に意外と大切なのが設定方法のチェックです。見守りサービスを選ぶ時のポイントと合わせて、設定方法のチェックの大切さをご紹介します。

目次

見守りサービスを選ぶ時は用途を明確にしよう

一口に見守りサービスと言っても、様々な種類があります。見守りサービスを選ぶ時は、まず利用用途や重視するポイントを明確にすることがオススメです。長く利用したいなら無理のない料金設定を重視する方法が有効ですし、万が一の時にサポートがあるサービスを選びたいなら緊急時の対応方法をチェックすると良いでしょう。利用用途などが明確になっていると、最適のサービスを選びやすくなります。

見守りサービスの種類についてはこちらの記事で紹介しています。
ご存知ですか?種類別の見守りサービスを比較!選ぶ際のポイントも解説!

見守られる人や見守る家族の状況を整理しておくことも有効です。遠方に住んでいるのか、同居しているのか、持病はあるのかによっても、適したサービスは変わってきます。なお、高齢の家族の為に見守りサービスを利用する場合は、見守られる本人の意思確認を忘れないようにしましょう。見守られる人が「監視されている」と感じてしまう状況は避ける必要があります。事前にしっかりと話し合いをして、お互い納得して利用をすることが望ましいです。

見守りサービスを選ぶ時に意外と大切な設定方法のチェック

見守りサービスを選ぶ時に意外と忘れがちなのが設定方法のチェックです。便利なサービスでも、設定方法が難しいと、使いづらい場合があります。大事なことは、見守る人だけではなく、見守られる人にとっても使いやすいサービスを選ぶことです。

中にはオートカメラ型や宅配型のように、見守られる人が設定をしなくても済むサービスもありますが、センサー型や本人連絡型、複合型のサービスの場合は、見守られる人も操作方法を理解しておくことが必要です。見守られる人も使いやすいサービスを選ぶことで、長く見守りサービスを利用することができ、大切な家族を守ることができます。

初期設定の後は誰でも簡単に使えるサービスがオススメ

長く無理なく使える見守りサービスを選びたいなら、初期設定の後は誰でも簡単に使えるサービスを選ぶことがオススメです。見守り設定の仕方が見守られる人にも理解しやすく、生活に負担のないサービスを選ぶと良いでしょう。

Hachiは初期設定をしっかりした後は、誰でも簡単に使える見守りサービスです。メインキャラクター犬であるHachiが生活の中に溶け込んで使いやすいという特徴があります。なお初期設定の際には、家族でもしもの場合について話し合ったり、日常のコミュニケーションの機会を設けることができます。気になった方は、下記ページよりぜひお気軽にお申し込みください。

お申し込みはこちら

Yuko Matsumoto

AP TECH編集部