Apple Watchから簡単に電話をかける方法【2種】ご紹介!

こんにちは!北田です。今日はApple Watchから簡単に電話をかけるための設定と方法についてご紹介いたします(^^)/

 

Apple Watchから電話をかけるためには、通常であれば

「デジタルクラウンを1回押す」→アプリ一覧の中から「電話」を選択→「連絡先」→相手を選ぶ・・・

という手順が必要です。
しかし!簡単な設定を済ませてしまえば

① 文字盤から3タップで電話発信
② 声で電話発信

が可能になります…!!!

文字盤から電話をかける【設定】

まずは、iPhoneで「watch」アプリを開きます。
以下のように、電話アイコンを追加したい文字盤をタップし、設定したい場所(コンプリケーションといいます)を選びます。


画面下のほうに「連絡先」の項目があるので、設定したい連絡先をタップします。
※ 設定したい連絡先が表示されていない場合は「さらに表示」から選んでください。

コンプリケーションのタイトルが連絡先になれば設定完了です!早速、Apple Watchから電話をかけてみましょう。

文字盤から電話をかける【方法】

文字盤を見ると、連絡先が設定されていることが確認できます。
ちなみにアイコンは連絡先に登録されている画像になりますよ♪

早速連絡先をタップしてみましょう。

電話マークをタップするとすぐに電話が発信されることもありますが、相手がiPhoneの場合は以下のように「FaceTimeオーディオ(通信回線を利用した通話)」か「電話番号」を選ぶ画面が表示されますので任意の方をタップします。

これで、電話を発信することができました!

Siriで電話をかける【設定】

まずは、設定の確認です。
「watch」アプリ→「Siri」と進みます。

以下のON/OFFは、どの方法でSiriを起動するかの設定項目になります。

■「Hey Siri」を聞き取る
Apple Watchに「Hey Siri」と声をかけてSiriを起動する方法です。Siriから応答があったら用件を話します。

■手首を上げて話す
文字盤を見る動作をすると自然と手首が上がると思います。すると画面が自動で表示されますよね。その状態でApple Watchを口元に持っていき、用件を話します。

■Digital Clownを押す
Apple Watchの横についているボタン(デジタルクラウン)を長押ししてSiriを起動する方法です。そのままボタンを押した状態で用件を話します。

 

どの起動方法が合っているか、試しながら設定してみてください!(^^)!
1度で確実に起動できるのは「Digital Clownを押す」方法です。しかし、その他2つは完全に声だけで起動できるところが魅力的ですので、コツが掴めるよう練習してみてもいいかもしれません!

Siriで電話をかける【方法】

では、実際にSiriで電話をかけてみましょう!

起動しやすい方法でSiriを起動し、
「(連絡先の名前)に電話」と話します。
※ 連絡先の名前は、ふりがな登録している読み方で話します。

これだけで電話を発信することができます!
※ 初めて発信するときだけ、確認画面が表示されることがあります。

まとめ

Apple Watchから簡単に電話をかける方法は、
・文字盤から3タップで発信
・Siriから発信

大きく2種類になります。
HachiでSOSを発信した際はご家族へメール通知は行きますが、今すぐ話したい!という時もあるかと思います。その際はこの方法もチェックしておけるととても安心です。

 

▼Apple公式サイトの「Apple Watchで電話をかける」ページはこちら
https://support.apple.com/ja-jp/guide/watch/apdc38d7a95e/watchos

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

logo_1

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

Yui Kitada

AP TECH株式会社 ソフトウェア開発事業 / アプリ開発担当