介護の見守りに役立つIoT技術!日本の現状と代表例を解説!

高齢化率が世界一高い日本。高齢者の増加とともに、介護人材の不足が深刻さを増しています。その打開策の一つとして期待されているのがIoT技術の導入です。今回は、介護の現場で活用されるIoT技術などをご紹介します。

目次

世界一の長寿国ながら介護人材が不足している
介護の現場で活用されるIoT技術
IoT技術を日常的に活用する

世界一の長寿国ながら介護人材が不足している

日本は世界一高齢化率が高い国として知られています。令和2年度の内閣府の高齢社会白書によれば、令和元年時点の高齢化率は28.4%。およそ4人に1人は65歳以上の高齢者です。高齢者の増加に伴って、介護人材の不足が深刻さを増しています。平成30年の厚生労働省の発表によれば、2025年度末までに、約245万人の介護人材が必要と計算されています。しかし平成28年度時点の介護職員は183.3万人しかいません。介護人材の不足を補い、介護ケアの向上や負担の軽減の助けになると期待されているのが、IoT技術の活用です。

参照:
令和2年版高齢社会白書(全体版)
介護人材確保に向けた取り組み
介護分野の現状等について

介護の現場で活用されるIoT技術

介護分野にIoT技術を導入することは、現状の課題の解決に役立ちと考えられています。例えば介護施設向けのIoTを導入することで、スタッフの業務負担が軽減され離職率の低下や若手スタッフの定着率の向上が期待されているのです。介護の現場で活用されるIoT技術は様々ですが、代表的なものを3つご紹介します。

  • 見守り

見守りサービスには接触型と非接触型があります。接触型の見守りシステムは介護施設などに導入され、人手不足になりやすい夜間の見守りなどにも活用されています。また、非接触型見守りシステムは、遠隔地に住んでいる高齢の家族の見守りなどにも役立てられているのです。

  • コミュニケーション

介護ロボットを活用することで、介護される人とのコミュニケーションがサポートされています。介護ロボットは他にも、入浴支援、移動支援、排泄支援などにも活用が期待されている存在です。

  • 業務支援

介護業務にもIoT技術の導入が促進されています。例えば、これまで紙媒体で管理していた情報を電子化することで書類作成をスムーズにしたり、スマートフォンやタブレットを活用した効率化が一例です。

IoT技術を日常的に活用する

IoT技術を活用することで、これまでにないサービスが実現されるようになりました。世界一の長寿国である日本では、介護人材不足を解消するためにも、介護分野でのIoT技術がますます注目を集めていくと考えられます。介護において大切なことの一つが日常の見守りです。ちょっとした変化に敏感に気付くことで、適切なケアを実現しやすくなります。

しかし、生活スタイルが変化した現代においては、離れて暮らす家族がいる人も多いです。遠方に住む高齢の家族を見守りたい時は、見守りサービスを活用することが有効と言えます。HachiはiPhoneとApple Watchを活用した見守りサービスです。導入することでバイタルデータを取得し、日常の何気ない変化に気づきやすくなります。

気になった方は、下記ページよりぜひお気軽にお申し込みください。

お申し込みはこちら

Yuko Matsumoto

AP TECH編集部