2021.8.25「岩手日報」に掲載いただきました

※ 岩手日報2021年8月25日付
※この記事は岩手日報社の許諾を得て転載しています

2021年8月25日の岩手日報本紙にて、八幡平市メディテックバレープロジェクトにて推進する実証実験の取組みをご紹介いただきました。

記事でもご紹介いただいていますとおり、Apple Watch(紙面では「腕時計型端末」)でバイタルデータ等を24時間計測し、最新データを医師らが随時確認可能な環境を整えることで、患者が在宅のままビデオ通話を活用した高精度な診療を受けることを可能とします。

記事では、患者から集めたデータを基にしたAI(人工知能)による疾病リスク予測など新産業創出の構想にも言及いただいています。

高齢化や人口減少、医師偏在という、日本全国で共通する変化に真正面から対峙し、『医療福祉DX』という切り口から、地域の課題解決と新たな成長に向けた取り組みを進めてまいります。

▼岩手日報のWEBサイトにも掲載しています
https://www.iwate-np.co.jp/article/2021/8/25/101765

Motoko Kawahata

AP TECH株式会社
パブリックセクター事業 / 市場開発担当マネージャー