iPhoneで通話ができる相手を制限する方法

こんにちは!北田です。

「iPhoneに不慣れなお子さんやおじいちゃんおばあちゃんにiPhoneを持たせたい」となったときに不安になるのは、

知らない番号からかかってきたとき

ではないでしょうか?

セールスの電話、非通知からの着信、謎の海外の番号からの着信…
放置すれば問題ないものの、スマートフォンの危険性に関する感覚がない方は「誰だろう?」と思いながらも電話に出てしまう可能性があります。

よって、iPhoneの設定を利用してその危険性から守ってあげましょう!

この記事で紹介しているのは、お子さんやおじいちゃんおばあちゃんのiPhone上での設定になります。

▼ ファミリー共有中のiPhoneを遠隔で設定したい場合は、こちらのApple公式サイトをご覧ください。
https://support.apple.com/ja-jp/guide/iphone/iph7f15d92dd/ios

「スクリーンタイム」の機能を利用しよう!

STEP1
「設定」→「スクリーンタイム」と進みます。

STEP2
「通信/通話の制限」→「休止時間外」→と進み、「連絡先のみ」を選択します。

この時点で、連絡先に登録された人としか通話ができなくなります。

しかし、このままではお子さん自身で設定を変更したり、新たに連絡先に登録した人とのやりとりが可能になってしまいます。これらの設定変更や連絡先の追加機能にも制限をかけたい場合は、次へ進んでパスコードを設定しましょう。

「パスコード」を利用して連絡先の変更を制限しよう

STEP1
「スクリーンタイム」の画面に戻り、「スクリーンタイム・パスコードを使用」→パスコードの設定やAppleIDでのログイン確認をします。

STEP2
「スクリーンタイム・パスコードを使用」と表示されたいたところが「スクリーンタイム・パスコードを変更」に変更されていれば設定完了です。

この時点で、連絡先を追加しようとするとパスコード画面に移ることを確認できますのでお試しください。

登録外の方からの着信は通知されません

スクリーンタイムで【通信/通話の制限】をしている場合、連絡先登録外の人から着信があっても、通知は表示されません。

ちなみに登録外の相手には「おかけになった電話をお呼びしましたが、お出になりません」という自動音声が流れます。

ただし、電話アプリには着信のバッジや着信履歴が表示されますので、「知らない番号にはかけ直してはいけない」ということを伝えておくと安心です。

制限されるのは電話だけ?

制限されるのは、

・電話
・FaceTime
・メッセージ

の3つとなります。
厳密に言うと、iCloud上に保存された連絡先に適用されます。

▼詳しくはAppleの公式サイトをご覧ください。
https://support.apple.com/ja-jp/guide/iphone/iphbfa595995/ios

まとめ

最近は私自身も非通知から電話がかかってくることが多く、なんだか不気味に感じています。しかも、一度操作ミスで出てしまった後は、夜中に知らない番号から電話がかかってようになりました。電話に出ると、無言でした…(怖い)それからは、遅い時間の着信には出ないと決めました(-“-)

非通知着信の拒否設定については、こちらの記事で紹介しています。
みなさんの使い方に合った設定をして、iPhoneを快適に使っていきましょう!

 

* * *

 

ご家族がiPhoneを利用している場合、Apple Watchを追加してお互いの「健康」と「安心」を見守るサービス【Hachi(ハチ)】もおすすめです!
ぜひチェックしてみてくださいね!(^^)/

↓ ↓ ↓

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

logo_1

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

Yui Kitada

AP TECH株式会社 ソフトウェア開発事業 / アプリ開発担当