八幡平市のオンライン診療にHachiが役立てられています

岩手県八幡平では、ICT(情報通信技術)を活用した市内に住む高齢者向けのオンライン診療の実証実験が進められています。

世界的にみても高齢化が深刻な日本の過疎地において、オンライン診療の実現は課題の一つです。八幡平市では、産学官の連合体が「八幡平市メディテックバレーコンソーシアム」を設立。オンライン診療等の取り組みを実施しています。なお、この取り組みには、AP TECH株式会社が開発したアプリ「Hachi(ハチ)」も活用されています。

遠隔診療・遠隔見守りを実現し、持続可能な地域づくりに活かしている取り組みについて、詳しくは下記の記事をご覧ください。

八幡平市におけるオンライン診療の取り組みをご紹介

Yuko Matsumoto

AP TECH編集部