iPhoneのショートカットでホーム画面からヘルスケアを記録しよう

こんにちは!北田です。
iPhoneのヘルスケアアプリへデータを入力している方必見!ショートカット機能を使うと、日々の記録がより簡単になりますよ(^^)/

また、以下のような方々にもおすすめです。
・Hachiの「おしらせメール」の血圧や体温の項目に数値を表示したい
・血圧計はあるけどBluetooth機能がついていないからiPhoneではまだ管理していない


iPhoneがあるなら、ぜひこの機会に簡単入力の設定をおすすめします(#^.^#)ちょっと手間がかかりますが、一緒に手順を追ってみましょう!

ヘルスケアのショートカット完成図

今回は、Hachiに関係する「体温」「血中酸素(血中酸素ウェルネス)」「血圧」「血糖値」の4つのショートカット設置までの流れをご紹介いたします!

設定方法

STEP1
まずは「ショートカット」のアプリを起動し、右上の「+」をタップします。

STEP2
①ショートカット名に項目名(血糖値・血圧など)を入力
※ 緑のアイコンは任意で色変更可能
②「アクションを追加」→画面右上「App」→「ヘルスケア」の順にタップ
③「ヘルスケアサンプルを記録」を選択します

STEP3
つぎに、「種類」をタップして、どの項目の記録を設定するかを決めていきます。今回は【血糖値】の設定したいため、検索バーに【血糖値】と入力します。
※ 検索バー下の一覧から登録したい項目をタップしてもOKです。
血中酸素を設定したい場合は「酸素」と検索し、「取り込まれた酸素のレベル」を選びます。

STEP4
■値…「サンプル値」→「毎回尋ねる」を選択
■食事時間…「毎回尋ねる」を選択で、毎回記録することが可能になります
■日付…「現在の日付」を選択

STEP5
最後に「完了」→右上の「×」をタップして、ショートカットへの登録完了です!

設定内容まとめ

体温のショートカット設定

■種類…「体温」を選択
■値…「サンプル値」→「毎回尋ねる」を選択
■値(単位)…「℃」に変更
■日付…「現在の日付」を選択

血圧のショートカット設定

■種類…「血圧」を選択
■最高…「サンプル値」→「毎回尋ねる」を選択
■最低…「サンプル値」→「毎回尋ねる」を選択
■最高/最低(単位)…「mmHg」に変更
■日付…「現在の日付」を選択

血中酸素のショートカット設定

■種類…「取り込まれた酸素のレベル」を選択
■値…「サンプル値」→「毎回尋ねる」を選択
■値(単位)…「%」に変更
■日付…「現在の日付」を選択

血糖値のショートカット設定

■値…「サンプル値」→「毎回尋ねる」を選択
■食事時間…「毎回尋ねる」を選択で、毎回記録することが可能になります
■日付…「現在の日付」を選択

ホーム画面への設定方法

ホーム画面の何もない場所を長押しすると、画面右か左に「+」のボタンが現れます。そこから「ショートカット」→4つのタイプのデザインを表示した状態で「ウィジェットを追加」をタップします。

データの入力方法

ホーム画面に設置された入力したい項目のショートカットをタップすると、すぐに入力できます。初回だけは、これで正しくヘルスケアに記録されているかどうか確認できると安心です(^^)

ショートカットの削除・並び替え方法

削除方法
ショートカットアプリを開き、消したい項目を長押しすると「削除」の項目が出てきます。

並び替え方法
長押ししながら移動することで、自由自在に項目を移動できます。

ホーム画面のウィジェットの削除

ウィジェットを長押し→「ウィジェットを削除」で削除することができます。

※ 削除ができない状態の場合、もしかしたら【スクリーンタイム】の設定で削除できない仕様になっているかもしれません。「設定アプリ」→「スクリーンタイム」の中の「コンテンツとプライバシーの制限」がONになっている場合はOFFにしてお試しください。

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

logo_1

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

Yui Kitada

AP TECH株式会社 ソフトウェア開発事業 / アプリ開発担当