高齢者の方の見守り方法は多様化している!選び方のコツを解説

超高齢化社会を迎えた日本において、家族のあり方は変化し、ひとり暮らしの高齢者の方が増えています。離れて暮らす家族の健康が気になる方も多いでしょう。家族が離れて暮らすことが珍しくなくなったことなどもあり、見守りの方法は多様化しています。今回は、見守りサービスの選び方のコツも含めて解説します。

世界でも類稀な日本の少子高齢化のスピード

日本の少子高齢化のスピードは世界でも類稀なほど進んでいます。団塊の世代が後期高齢者となる2025年には、高齢化率は23.3%になると言われているのです。高齢化率の上昇に伴い、65歳以上の方でひとり暮らしをしている世帯数も増加しています。しかし、近年は生活習慣などが変化し、近隣の住民同士で支え合う地域ネットワークが希薄な地域もあるのです。離れて暮らす家族の健康を気遣う人の中には、見守りサービスを利用する人が増えています。

参照:高齢者などの見守りガイドブック|東京都福祉保健局

見守り方法の多様化

一口に見守りサービスと言っても、その方法は多様です。家電などに搭載されたセンサーを活用した見守りや、カメラを利用した見守り、本人からの連絡をベースにした見守りや、様々な機器を複合的に活用した見守りなど、様々なものがあります。利用者が使いやすい見守りサービスを選ぶことが可能です。より詳しくは下記の記事で解説しています。

ご存知ですか?種類別の見守りサービスを比較!選ぶ際のポイントも解説!

見守りサービスを選ぶ時は目的を明確化しよう

色々な見守りサービスの中から自分の家族に合った見守りサービスを選ぶポイントは、利用する目的を明確化することです。何かあった時にすぐに連絡できるようにしたい、顔が見られるサービスが欲しい、いざと言う時にすぐSOSを送れるような使い方が簡単な見守りサービスが良いなど、利用する目的が明確化していると、自分の家族に合ったサービスを見つけられやすいです。

多様化しているからこそ自分に合ったサービスが見つけられる

色々な見守りサービスがあるからこそ、自分に合ったサービスを選ぶことが可能です。特に複合型のサービスは様々な機器のメリットを組み合わせて利用できるので便利でしょう。離れて暮らす高齢の家族の見守りに活用する場合は、見守られる人に実際に使ってもらって使い勝手が良いものを選ぶこともコツと言えます。試しながら、自分の家族に合った見守りサービスを探してみましょう。

見守りサービス「Hachi」はApple Watchを活用した複合型の見守りサービスです。見守られる方はApple Watchをつけるだけで、見守る人に健康データが届きます。いざと言う時には簡単にSOSが送れる機能も付いているので安心です。詳しくはこちらをご覧ください。お申し込みは下記より行えます。

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
家族の「安心」「健康」をみまもります。

\ Hachiのお申込みはこちら! /

logo_1

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
家族の「安心」「健康」をみまもります。

\ Hachiのお申込みはこちら! /

Yuko Matsumoto

AP TECH編集部