遠方で一人暮らしをしている高齢の親が心配な時の対策方法

高齢の親と離れて暮らしている方は、万が一の時の事故や体調の変化などが心配になることも多いでしょう。まして、一人暮らしをしている親がいる方は尚更です。そこで今回は、遠方で暮らしをしている高齢の親が心配な時の対策方法についてご紹介します。

目次

親と話し合う機会を設ける
物理的な距離を埋める“見守り”サービス を利用する
最適な見守りサービスを選ぶコツは必要な機能があるか確認すること

親と話し合う機会を設ける

国民生活センターの調査によると、65歳以上の人は20歳以上65歳未満の人より屋内での事故発生の割合が高いことがわかっています。年齢を重ねると転倒しただけで骨折しやすくなるなど、日頃からの備えがより必要です。

高齢の親が遠方に暮らしている方は、万が一何かが起こった時にすぐに駆け付けられない可能性もあります。そのため、タイミングをみて親と状況などを話し合う機会を設けることがオススメです。一つのきっかけとして、親に介護保険の保険証が届く65歳になった時、または介護保険料を納付し始める40歳の時に、一度機会を設けてみると良いでしょう。節目となるタイミングなので、日頃話しづらい親の生活環境や地域とのつながりの確認、健康面の気がかりや老後の生き方の希望などについて話題を振りやすいです。

4 生活環境|平成30年版高齢社会白書(全体版) – 内閣府

物理的な距離を埋める“見守り”サービス を利用する

親の状況や希望を確認したら、見守りサービスの利用を提案してみることがオススメです。心配な時はこまめに連絡をとることが有効でしょうが、お互いに生活があるのでなかなかタイミングが合わないこともあります。そこで有効なのが“見守り”サービス です。

Webカメラやアプリ、家電などを活用して離れていても親の状況がわかる見守りサービスを活用することで、心配事を減らすことができます。見守りサービスなら、物理的に距離があっても近況が確認しやすいので安心です。見守りサービスについて詳しくは下記の記事をご覧ください。

people-3188291_1920-1

ご存知ですか?種類別の見守りサービスを比較!選ぶ際のポイントも解説!

最適な見守りサービスを選ぶコツは必要な機能があるか確認すること

一口に見守りサービスと言っても様々なサービスがあります。たくさんあるサービスの中から自分たちに合ったサービスを選ぶコツは、自分たちが必要としている機能があるのか事前によく確認することです。

例えばSOS機能があると、万が一の時にすぐに連絡が取れるので安心感が増します。また、見守り方法も見守られる人のプライバシーに配慮し、負担になりにくい方法を選ぶと、長く見守ることが可能です。サービスによっては無料お試し期間がある場合もあるので、自分たちに合っているかどうか試しみてることも良いでしょう。

見守りサービス「Hachi」はApple Watchにアプリをインストールするだけで使える見守りサービスです。アプリ画面には可愛らしい犬のキャラクターがいて、日常に溶け込みやすいデザインを採用しています。また、初回14日間の無料お試し期間があり、自分たちに合っているかどうか試すことが可能です。詳しくは下記ページよりご確認ください。

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /


「Hachi」サービスページ

logo_1

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /


「Hachi」サービスページ

Yuko Matsumoto

AP TECH編集部