増加する過疎地域と問題点と家族が心配な時の対策方法

日本各地で増え続けている過疎地域。遠方に住む家族が過疎地域に暮らしていて心配という方もいるでしょう。今回は、増加する過疎地域と問題点の解説に加えて、過疎地域に住んでいる高齢の親が心配な時の対策方法などをご紹介します。

増加する過疎地域と問題点

総務省の統計によると、平成22年度の過疎地域の割合は市町村数の4割以上・面積では国土の半分強でしたが、平成28年度には市町村数では半数近く・面積では国土の6割弱と増加しています。

過疎地域では、産業の担い手不足などの理由から、生活を支えるサービスの維持がしにくいなどの問題が生じます。加えて日本は全国的に高齢化も深刻です。住み慣れた街で暮らしたいという希望があっても、生活水準や生産機能の維持が困難なことから住み続けることが難しい場合があります。

参照:平成22年度版「過疎対策の現状」について
参照:平成28年度版 過疎対策の現況

地方自治体の取り組み事例

過疎地域の対策には、各自治体が様々なことを行っています。岩手県八幡平市では「八幡平市メディテックバレープロジェクト」を立ち上げ、最先端のICT技術を活用して地域課題解決を行い、持続可能な過疎地域の実践に取り組んでいます。

見守りサービス「Hachi」の技術も活用されており、遠隔診療や家族の位置情報・運動情報などを福祉関係者や家族に届けることなどに使用されているのです。詳しくはこちらをご覧ください。

過疎地域に住んでいる高齢の親が心配な時の対策方法

高齢の親が過疎地域で暮らしている場合、離れて暮らす家族の方は心配なことも多いでしょう。地域によっては、近所の人に様子をみてきてもらうことをお願いできる場合もあります。しかし、過疎地域の場合、頼める人がいないことがあり、不安が増す方もいます。

そんな時は、見守りサービスの活用が有効です。見守りサービスを活用することで、遠く離れた過疎地域に暮らしている方の健康状態を確認することができます。万が一の時にSOS送信機能があるサービスを選べば、いざと言う時にすぐに対処できる可能性が高いです。

家族の健康を見守りたい方には、見守りサービス「Hachi」がオススメ。見守られる方は、「Hachi」がインストールされたApple Watchを装着するだけで、見守る方の携帯に歩数や心拍数などのデータが届きます。SOS送信機能もついており、いざという時はApple Watchに指を5秒間乗せるだけで、家族の方にSOSが届くので安心です。より詳しく知りたいかは、下記ページをご覧ください。便利なツールを活用することで、遠く離れていても、家族を支えることができます。

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

logo_1

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

Yuko Matsumoto

AP TECH編集部