2025年問題とは?働き盛りの世代にオススメのサービスを解説

2025年問題という言葉を聞いたことがあるでしょうか。団塊の世代が75歳以上になるこの年は、日本が超高齢化社会になるターニングポイントと言われています。今回は、2025年問題の紹介と合わせて、親世代が75歳以上になる働き盛りの世代の方にオススメのサービスについて解説していきます。

目前に迫る2025年問題

2025年は、いわゆる団塊の世代が全員75歳になる年です。特別人口の多いこの世代が後期高齢者となることで、日本は超高齢化社会となり、国民の4人に1人が後期高齢者となります。総人口減少、労働人口の減少、医療や介護サービスの需要拡大に伴う整備の必要など、様々な問題が生じると懸念されているのです。

働き盛りの世代は見守りサービスを活用した親の生活サポートを考える

働き盛りの40〜50代の世代では、親が後期高齢者となり、親の介護や生活のサポートを考え始める時期となる可能性が高いです。

厚生労働省の「今後の高齢化の進展~2025年の超高齢社会像~」によると、2025年には、高齢者の世帯の約70%を一人暮らしもしくは高齢夫婦のみ世帯が占めると考えられています。特に高齢者の一人暮らし世帯の増加は顕著で、一人暮らし世帯は約 680 万世帯(約 37%)に達すると見込まれているのです。

一人暮らしを希望する親の生活サポートを考えた場合、見守りサービスの利用をすることがオススメです。一口に見守りサービスと言っても様々なサービスがあります。利用することで、日頃の生活パターンの把握ができ、遠く離れて暮らしていても行動の変化や異常を早期に発見しやすくなります。テレビ電話機能などがあれば、離れ暮らす親と適度に顔を見て交流ができるようになり、物理的な距離があっても生活サポートがしやすいです。

参照:今後の高齢化の進展~2025年の超高齢社会像~

早めに見守りサービスの活用を考えよう

2025年がターニングポイントとなり、社会のあり方が変化する可能性が高いです。超高齢化社会を迎えるにあたり、遠方で暮らす親を支えるために、早めに見守りサービスの利用を検討すると良いでしょう。高齢の親がどのようなサポートを欲しているのかなど、事前に希望を確認しておくと、自分達に合った見守りサービスを選びやすくなります。

見守りサービスの中でも特にオススメなのは、見守りアプリを活用したサービスです。見守りアプリ「Hachiは、Apple Watch を装着した家族の日々の様子と健康をさりげなく見守ることができるサービスです。テレビ電話機能もついており、家族のコミュニケーション促進にも役立ちます。詳しくは下記のページに記載しています。親世代が75歳以上になる方、遠方に暮らす家族が心配な方など、少しでも興味がある方はぜひチェックしてみてください。

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

logo_1

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

Yuko Matsumoto

AP TECH株式会社 ソフトウェア開発事業部
WEBマーケティング / カスタマーサポート