Apple Watchの装着具合について

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:BLOG

こんにちは!Hachiカスタマーサポートの角です。今回は Apple Watchの装着の具合についてお話したいと思います。

 

Hachiをご利用されている方の多くは Apple Watchを装着されているかと思うのですが、 Apple Watchっておしゃれなバンドが沢山ありますよね!?

せっかくつけるなら可愛くつけたい…!!と思って、バンドを変えてみたのです!

 

じゃーーーん!

カラフルなバンドが可愛い!
いいじゃんいいじゃん!…と思って付けていたのですが…

 

〜数日後〜

ん?

心拍変動が取れていない?

まぁ、たまたまかな?

と思って様子を見ていたのですが、やはり以前より心拍変動が取れていないことが増えていました。

 

原因(と思われるもの)がこれ!

そう、手首にフィットしていないのです!!!

 

『緩すぎずキツすぎずちょうど良い』という感覚は人それぞれ。私はこれで“丁度良い”と思っていました。

このタイプのバンドはパーツ1つ1つを抜いたり追加したりしてサイズ調節するので、なかなか“ピッタリフィット”をキープするのは難しいかもしれません。

もちろん、しっかりとフィットしていればHachiを使うのにバンドの制限はございません!

ちなみにどんな状態が“ピッタリフィット”と言えるのかAppleに問い合わせたところ、

「手を上げ下げしても Apple Watchが動かずにフィットし続けている状態が好ましい」

とのこと。

つまり、

こういう感じですね!

 

ちなみにこの 動画ではApple Watch購入時についてきたスポーツバンドを使用しました。

手首の骨が計測の邪魔にならないよう、少し上(心臓側)につけるのがポイントです!

Apple Watchの初期バンドはさすが、“ピッタリフィット”がどんな方でも実現可能なラインナップでした!笑

 

 

私はピッタリフィットでスポーツタイプ以外のバンドも欲しかったので、ゴムバンドも購入しました!

「今日はどれを付けていこうかな?」なんて楽しみがあるのもまた良いかもしれませんね♪

みなさんも、もし取れていないバイタル等があったら、バンドの付け方も確認してみてください!

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

logo_1

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

Kaori Sumi

AP TECH株式会社
カスタマーサポート