実家の断捨離のやり方を紹介!日頃からのコミュニケーションが大切

実家に物があふれて断捨離をしたいけれど、高齢の両親から反対されて苦労しているという方もいるのではないでしょうか。思い出の品は捨てがたいですが、家族が元気なうちに整理をしておかないと、後々さらに捨て難くなり困ることもあります。今回は、実家の断捨離の進め方を3ステップで紹介します。

実家の断捨離3ステップ

不要なものを手放す断捨離。思い出の品をとっておくことも素敵ですが、家族が高齢になり使わなくなったものが多く残っていると、転倒等の事故の危険が増します。家族が元気なうちに断捨離を実行することで、すっきりとした環境で気持ちよく過ごすことができる可能性が高まります。実家を断捨離する時は、以下のステップを踏むとスムーズに進みやすいです。

① 実家に住む家族の気持ちを確認する

高齢の世代の中には「もったいない」という意識が強くなかなか物を捨てられない人もいます。勝手に捨てては、トラブルに発展する可能性もあるので、まずは話し合いの場を持つことが大切です。基本的には実家に住んでいる家族の意向を尊重しましょう。一気に全て片付けることが難しくても「まずはよく過ごしている居間だけでも片付けてみない?」など徐々に断捨離を勧めてみる方法も有効と言えます。

また、言葉遣いにも注意が必要です。「もう使わないでしょ」などの強い言葉は反発を生みます。「片付けすると、孫と遊ぶスペースも広くなっていいよ」など、断捨離をすることでより前向きな未来が待っていることをさりげなく伝えてみましょう。言葉を工夫して話し合うことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

② 小さなゴールを決めて、順番に断捨離していく

実家に住む家族が片付けを了承したら、小さなゴールを設定しましょう。片付ける場所を洗い出し、1つずつ断捨離していくことが効果的です。高齢の方の場合は、片付けたい意思があっても、体力・気力が湧かず片付けられない人もいます。動ける家族が進んで動くことで、断捨離を進めやすくなります。物は「必要」「不要」「保留」に仕分けると、片付けが進みやすいです。なお、実家に住んでいる家族が取っておいているものは、勝手に捨てないようにしましょう。必要かどうか持ち主本人に確認し、仕分けることが大切です。

ただし、片付けを了承していたとしても、いざ捨てようとすると「それは必要だから取っておきたい」と言われ、なかなか片付けが進まないケースもあります。その場合は、なぜ必要なのか、どのような思いがあるのかを確認しながら進めましょう。本人にとっては、大切な品である場合もあります。時間がかかることも考慮しながら進めていくためにも、小さなゴールを設定し、順番に対応していくことが有効です。なお、どうしても本人の了承が得られない場合は、まずは実家に置いている自分のものから断捨離してみることもオススメです。断捨離してスッキリした室内を見ることで、気持ちが変わる場合もあります。

③ 残った家具を活用する

片付けが終わったら必要な物だけが残り、それらを収納する必要があります。収納する際は、残った家具を使い、新しい家具は増やさないように注意しましょう。スペースができると新しい家具を増やしたくなる気持ちも湧きますが、収納家具が増えるとまた物が増えるリスクがあります。片付けをしてスッキリした後は、また物が増えないように工夫することも大切です。

日頃からコミュニケーションをとっておくことで断捨離が進めやすくなる

実家との適切な距離感は一概には言えませんが、日頃からコミュニケーションをとっておくと、断捨離もスムーズに進めやすいです。しかし、物理的に距離が離れている場合もあります。そんな時にオススメな方法がテレビ電話などオンラインを活用してコミュニケーションをはかる方法です。近年は様々なテレビ電話ツールがありますので、使いやすい方法を取り入れてみると良いでしょう。

見守りアプリ「Hachi」にもテレビ電話機能があります。ボタン操作がわかりやすいので、お子様からお年寄りの方まで使いやすいです。また、見守りアプリなので、見守られる方はApple Watchを装着するだけで、見守る方に安否確認のメールが自動で届きます。詳しくは下記をご覧ください。

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

logo_1

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

Yuko Matsumoto

AP TECH株式会社 ソフトウェア開発事業部
WEBマーケティング / カスタマーサポート