資金調達を実施しました

Hachiを提供するAP TECH株式会社は、ドローンファンド等から資金調達を実施しました。
代表・大西の、高齢の両親を気がかりに思う気持ち、自身の発症経験から痛感した予防医療の必要性から、ヘルスケア領域でのサービス提供からスタートしたAP TECH株式会社。

今回の資金調達をきっかけに、「ヘルスケア領域に留まらない、未来志向のDXイノベーションへ邁進する」ことを明確に掲げ、地球上のすべての人、もの、あらゆる移動体をつないでいく企業として成長してまいります。

 

■ドローンファンド共同代表・千葉功太郎様 コメント
 いよいよ本年には政府目標として掲げられている“レベル4”の解禁となり、日本のドローン産業は大きな節目を迎えることになります。その中で安全性や信頼性に対する技術的な要求は益々高まってきており、AP TECH社の有するデータ通信技術に係る独自技術 は、ドローンの継続運航における信頼度を高める可能性を秘めていると考えております。DRONE FUNDは、ドローンの社会実装に向けて、全方面からAP TECHを支援して参ります。

 

■佐藤博英様 コメント
 我が国は、少子高齢化によりどの分野においても人材不足が大きな問題となっています。特に医療、介護の現場はコロナ禍以前から人材不足に悩まされており、人の命を守る現場が悲鳴を上げているのが現状です。加えて経済格差や人間関係が希薄となり、独居の高齢者や若者の自殺の増加は深刻な問題となっています。

 そうした中APTECH社の「Hachi」は希薄となった人間関係、地方の医師不足、コミュニティーや地方創生に大きく貢献するサービスとなると考えています。時計として使っているだけでリアルタイムのバイタルと共に誰かに見守られていると言う状況は、誰にでもできてしかも負担がありません。その技術は見守りだけではなく、遠隔診療や、安否確認、ヘルスケアから広くは物流にも利用できるのです。コロナや地震、災害など不安だらけの昨今、人と人をさりげなく、しっかりつなぐ事ができるのは「Hachi」であると私は期待しております。


▼AppleWatchを活用した遠隔モニタリングサービス「Hachi」を展開する AP TECH株式会社が、ドローンファンド等から資金調達を実施
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000071978.html

Motoko Kawahata

AP TECH株式会社
パブリックセクター事業 / 市場開発担当マネージャー