同居ではなく「近居」という選択。ちょうど良い距離感の見つけ方

同居や二世帯で暮らす方法は馴染みがある方も多いでしょうが、近年では近居を選択する人も少なくありません。今回は、近居の解説と合わせて、メリット・デメリットなどをご紹介します。

対象の体温計のモデルは?

近居とは、親世帯と子供世帯が程よい距離感が保てる近距離で別々に暮らすことを指します。一昔前までは同居が一般的でしたが、同居は一度始めるとなかなか解消することができません。親世帯と子供世帯とでは生活リズムも異なることから同居に不安や不満を感じる方もいます。そこで、同居ではなく適度な距離が保たれる近居が注目されるようになってきているのです。

近居のメリット・デメリット

メリット

  • 程よい距離感が保てる
  • お互いの生活リズムが保てる
  • 行政の支援が受けやすい
  • お互いのプライバシーを尊重して生活できる

デメリット

  • 何かあった時に同居ほどすぐには対応できない
  • 距離感を誤ると疎遠になったり窮屈に感じるリスクがある

近居のメリットは、お互いの生活リズムなどを保ったまま、適度な近さが保てることです。近居の距離感は「スープの冷めない距離」に例えられることもあります。お互いが負担に感じず、支え合うことができる距離感を保つことができれば安心感を覚えつつ生活ができます。

逆にデメリットとしては、近いとはいえ距離があるので、いざと言う時にすぐ対応できない可能性があることです。また、距離感を見誤ると、近いけれど行き来がない、または近すぎて窮屈に感じるリスクがあります。

お試し同居をしてお互いに心地よい距離感を探す

近居にも同居にも、それぞれにメリットとデメリットがあります。どちらの形が家族にとって心地よいか、試してみながら探す方法も有効です。例えば、期限を区切ってお試しで同居をしてみて、同居が合っているのか、近居が合っているのかなどを確かめてみると良いでしょう。

遠く離れていても交流する方法もあります。見守りアプリ「Hachi」には、ビデオ通話機能も付いているので交流ツールとしても役立ちます。また、見守られる方の毎日の健康状態がデータとして届くので、いざと言う時にも対応しやすいです。詳しくは下記の記事をご覧ください。

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

logo_1

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

Yuko Matsumoto

AP TECH株式会社 ソフトウェア開発事業部
WEBマーケティング / カスタマーサポート