高齢者の見守りを始めるタイミングとは?

離れて暮らす両親の健康が心配という方も多いでしょう。歳を取ると、高音が聞き取りにくくなったり、視力が低下して転倒などの事故のリスクが増します。いざという時のために見守りサービスの利用を考えている方が、見守りを開始するタイミングはどんな時なのでしょうか。

見守りを始めるタイミングは気になった時

見守りを開始するタイミングは人それぞれです。一概に言うことはできませんが「見守り」という言葉が気になり始めたら始め時と言えます。この章では、見守りを始めるタイミングの例をいくつか紹介します。

自分や家族の健康が気になり始めた時

健康に不安を覚えた時を、見守りを開始するタイミングとする人は多いです。見守りサービスなどを取り入れて、複数人で見守ることで、健康への不安解消につながります。

親が定年を迎え仕事から離れた時

定年退職などを気に、親が仕事から離れたタイミングで見守りを取り入れる人もいます。仕事を離れると、時間の使い方などが大きくかわり、1日の大半の時間を家にいることが多くなりやすいです。仕事場と違い、他人の目がない環境で過ごす時間も増えます。見守りサービス等を利用していることで、離れていても安心して暮らせる可能性が高くなるのです。

早いうちから見守りを取り入れることのメリット

早いうちから見守りサービスなどを取り入れることは、色々なメリットがあります。

メリット1:家族間のコミュニケーション促進につながる

コロナ禍などもあり、帰省を控えている人も多いでしょう。お盆やお正月など、節目節目で顔を合わせる機会が減ったことで、コミュニケーションが少なくなっている場合もあります。見守りサービスの中にはビデオ通話機能が付いているなど、家族間のコミュニケーション促進に役立つものもあります。付属のビデオ通話機能を活用して、定期的にお孫さんと会話している人もいます。見守りで健康を気にかけていると会話のきっかけにも繋がり、適度に良好な関係が築きやすくなるメリットがあります。

メリット2:見守られる人が慣れる

歳をとってから新しいものを取り入れることに抵抗感がある人もいます。とは言え、年齢が上がるごとに健康が心配になることも事実です。そこで、見守られる人の体力や気力があるうちから見守りサービスなどを取り入れることで、見守られる人の抵抗感を和らげ、見守りを生活の一部にしやすくなります。見守られる人が無理なく慣れるように、操作方法などが簡単な見守りサービスを選ぶことがポイントです。

見守りを生活の一部に

見守りサービスを取り入れるタイミングは人それぞれですが、早くから始めてメリットを活かす人もいます。大切なのは家族間でよく話し合って取り入れることです。できることから見守りを始めてみてはいかがでしょうか。

なお、弊社が提供している見守りアプリ「Hachi」も全国各地の多くの方に活用されています。詳しくは下記で解説していますので、ぜひご覧ください。

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

logo_1

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

Yuko Matsumoto

AP TECH株式会社 ソフトウェア開発事業部
WEBマーケティング / カスタマーサポート