高齢者の移住で抑えておきたいポイントを解説!

高齢になってから移住に興味を覚える方もいるでしょう。都市部から地方へ、あるいは地方から都市部へなど、住む場所を変える人もいます。今回は、高齢者の移住で抑えておいた方が良いポイントなどについてご紹介します。

様々な移住パターン

一口に高齢者の移住と言っても、そのパターンは様々です。都市部から自然豊かな地方で暮らしたいと移住するパータン、山間部などで暮らしていたけれど体力の衰えなどを理由に利便性の高い市街地のマンションなどに移住するパターン、生まれ故郷に帰るパターン、思い切って海外移住をするパターンなど、色々なパターンがあります。

移住するためにも移住先をよく調べよう

交通網が発達した日本において移動するだけなら問題なくできるでしょうが、いざ暮らすとなると勝手が違います。移住した後で後悔しないためにも、事前によく下調べをしておくことが大切です。主なポイントをご紹介します。

1:交通の便

特に地方で暮らす場合、車がないと不便なことが多いです。高齢になると車の運転が難しくなるケースもあります。暮らすことを想定して、最寄りの病院やスーパーなどへの交通の便に不便はないか確認しておくことが大事です。自然が豊かな地域は、利便性が悪い場合もあります。無理なく暮らせるかどうか事前によく確認をしましょう。

また、雪国への移住を考えている場合は、グリーンシーズンだけではなく雪の時期の交通の便を確認することも大切です。

2:高齢者福祉サポート体制

移住先の自治体でどのような福祉サポート体制があるのかを確認することも大事です。いざと言う時に利用できる介護施設はどこにどのくらいあるのか、またサービス内容はどのようなものがあるかなどもチェックしておくと安心と言えます。

3:移住先の人付き合い

一般的に地方は人と人との関わりが深く親密な人付き合いをするイメージがある方もいると思います。しかし、地方にはすでにできあがったコミュニティーがあるため、移住してからすぐに溶け込むことは難しいです。移住先で新しい関係を築いていくのは、体力や気力を必要とします。移住先の人付き合いの程度や、先輩移住者の情報、気軽に参加できるサークルなどがあるのかなど、確認しておいた方が無難です。また、都市部に移住する場合でも、馴染めるかどうかをあらかじめシュミレーションしたり、いきなり移住するのではなく短期間だけ住んでみて様子を見るなど、対策を講じることがオススメと言えます。

住む場所はよく検討しよう

住む場所は生活と深く関わってきます。移住となるとハードルが高いこともありますので、まずは短期間だけ住んでみたりしながら、慎重に検討した方が良いでしょう。良い未来だけではなく悪い事態も想定しつつ住む場所を選ぶことで、後悔の少ない移住を検討しやすいです。

また、離れて暮らしている家族の近くに住みたいからと移住を希望している場合は、いきなり住み慣れた土地を離れなくとも、オンラインで交流をすることでコミュニケーションをとりやすくなります。その際に便利なのがビデオ通話機能です。画面越しとは言え、顔を合わせて交流することで、孤独感の緩和や家族の絆を深めることにつながります。

見守りアプリ「Hachi」にもビデオ通話機能があります。コミュニケーションが図れるだけではなく、離れて暮らす家族の健康を見守ることができるので便利です。より詳しくは下記をご覧ください。

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

logo_1

 Apple WatchやiPhoneを活用し、
離れて暮らすご家族をみまもります。

\ Hachiのサービスについて詳しくはこちら! /

Yuko Matsumoto

AP TECH株式会社 ソフトウェア開発事業部
WEBマーケティング / カスタマーサポート