SETTING
初期設定方法

Hachiapp

Hachi の初期設定
― 見守られる方向けアプリ -

Hachiapp

Hachi の初期設定
― 見守られる方向けアプリ -

iPhoneの初期設定

STEP1
はじめてHachiのアプリを開くと、通知を許可を求められますので「許可」をタップします。

STEP2
続いて、ヘルスケアの「すべてのカテゴリをON」→右上の「許可」をタップします。

STEP3
「登録完了メール」に記載の81から始まる「ログインID」を16桁入力します。

STEP4
STEP3で正しい電話番号が入力された場合はSMSで4桁のパスコードが届きますので、そのパスコードを入力します。
右側のHachiがいる画面が表示されたらiPhoneの初期設定は完了です!

この画面が表示された時には
位置情報に関して許可を求められた場合は「常に許可」、その選択肢がなければ「使用中のみ許可」をタップします。
※ 間違って「許可しない」をタップしてしまった場合は、「設定アプリ」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→「Hachi」→「常に」にチェックを入れることで解決します。これにより、SOS発信時に確実に位置情報をメールで伝えることができます。
※ 普段の位置情報をOFFにしたい場合はこちらをご覧ください。

位置情報のON/OFFの切り替え方法

STEP1
Apple Watchの位置情報のON/OFFを切り替えたい場合、アプリ画面の右下を3回タップし設定画面を表示します。
その中に「位置情報の送信」という項目がありますので、ON/OFFを切り替えます。

Apple Watch使用時の設定方法

STEP1
Apple Watchを使用する場合、「Apple Watchの使用」をONに設定します。この設定により、Apple WatchからSOSを発信したり、バイタルデータを定期的に送信できるようになります。

Apple Watchの初期設定

STEP1
位置情報の使用許可を求められた場合は「Appの使用は許可」をタップ、iPhoneに近づけてと表示が出た場合は「設定」をタップしてください。
※ 普段の位置情報をOFFにしたい場合も、ここでは「位置情報の使用を許可」してください。許可することで、SOS時などの緊急時に確実に位置情報を伝えることができます。普段の位置情報をOFFにしたい方はこちらをご覧ください。

STEP2
Apple Watchのボタン(デジタルクラウン)を一回押すとアプリ一覧が表示されます。その中からHachiを見つけてタップします。

図6

STEP3
この画面を表示できた時点で初期設定はほぼ完了です!
※ 初回起動時、右下の♥(心拍数)が点滅する場合があります。しばらくすると自動で心拍数を取得しますので時間を置いて確認してみてください。

Hachiを時計画面に設定する

STEP1
iPhoneに戻ります。「Watch」アプリをタップし、画面下中央の「文字盤ギャラリー」をタップします。その画面の下のほうに[特大]の文字盤がありますので、お好きな色をタップします。

STEP2
画面中央付近の「コンプリケーション:中」というところをタップし、[Hachi]を選択します。Hachiを選択できたら画面上部の「追加」をタップします。

STEP3
画面左下の「マイウォッチ」をタップ→右上の「編集」をタップします。

STEP4
先ほど作った時計画面以外を削除できたら、右上の「完了」をタップします。

STEP5
Apple Watchを見てみるとこの文字盤になっていることがわかります。“おうちHachi”はアイコンが大きいので、簡単にタップして水色Hachiを起動することができるようになります。
※ Apple Watchの充電が切れてしまった場合は、Hachiを確実に起動するために“おうちHachi”のタップをお願いいたします。

ビデオ通話を自動で受話する

STEP1
「設定」アプリをタップし、「アクセシビリティ」という項目をタップします。

STEP2
続いて、「タッチ」→「通話オーディオルーティング」という項目をタップします。

STEP3
さらに続いて、「自動で電話に出る」→「自動で電話に出る」をONにします。
設定時間は着信時間を考え5秒くらいがちょうどいいようですが、任意で変更してください。

家族以外からの着信を拒否する方法

Coming Soon
公開までもうしばらくお待ちください。

【家族用】Hachiapp

【家族用】Hachi の初期設定
― 見守る方向けアプリ -

【家族用】Hachiapp

【家族用】Hachi の初期設定
― 見守る方向けアプリ -

初期設定

STEP1
「登録完了メール」に記載の81から始まる「ログインID」を16桁入力します。

STEP2
STEP1で正しい電話番号が入力された場合はSMSで4桁のパスコードが届きますので、そのパスコードを入力します。
右側のHachiがいる画面が表示されたら初期設定は完了です!

STEP3
STEP1で正しい電話番号が入力された場合はSMSで4桁のパスコードが届きますので、そのパスコードを入力します。
右側のHachiがいる画面が表示されたら初期設定は完了です!

SOSの受信の確認

STEP1
見守られる方にApple WatchからSOSを発信してもらいましょう。
すると、「【家族用】Hachi」アプリのHachiがSOSのアイコンに変わります。また、メールにはSOS発信時の心拍数、心拍変動、そして位置情報が掲載されていることを確認できます。
※ 月に1回以上SOSの発信テストを行うことで、発信方法の再確認と動作確認が行えるのでおすすめです。

ビデオ通話の確認

STEP1
「【家族用】Hachi」のアプリからビデオ通話を開始してみましょう。見守られる方のiPhoneが着信しているか、自動受話設定をしている場合自動で通話が開始になるかの確認を行います。
※ FaceTimeは1GBで約30分~1時間の通話が可能です。